旅の途中。。。

音楽を聴きながら色々な街を旅するのが好きなので『音楽』『旅行』をテーマに皆さんに共有できることを書いていきます。たまに別のことも。。。

【書評】『超時間術 / メンタリストDaiGo』 時間が足りない原因を根本から解決

スポンサーリンク

2018年3月30日発売のメンタリストDaiGoさんの最新本『超時間術』を早速購入して読んで見たら、とてつもない情報量で時間に対する考え方が覆される名著だったので紹介します。

 

f:id:sunnygo:20180331182426j:plain

https://www.amazon.co.jp/週40時間の自由をつくる-超時間術-メンタリストDaiGo/dp/4788914727/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1522488486&sr=8-1&keywords=超時間術

 

<この本について>
DaiGoさんの「超時間術」は一般的な時間術のような細かいスケジュール管理法が書かれた本ではなく、時間が足りない根本的な問題が何であるかをはっきりさせ、解決することを目的とされた本です。時間に関する悩みを少しでも抱えているなら読むべき1冊です。

 


第1章. 時間に関する3つの勘違い


本当はもっと自由な時間があるはずなのに、なぜみんなそこまで余裕がないのか。それは時間にまつわる勘違いをしているからです。この章では、その勘違いについて様々な実験や研究のデータをもとに説明してくれています。

 個人的に一番印象的だったのは、「やるべきことが多すぎる」というのは勘違いであるという部分。アメリカの有名な求人企業が行なった調査で、ビジネスパーソンの3分の2は1日に平均1時間は仕事と無関係な作業をしているのらしいです。確かに自分の1日の生活を振り返ってみると、無駄にLINEやメールのチェックをしたり、気づいたらYouTubeの動画を何本もみていたなんてこともありました。このような時間があるのにも関わらず、やるべきことが多いと嘆くのはおかしな話だとDaiGoさんはおっしゃっており、確かにその通りだと納得してしまいました。

 また私たちの時間不足は錯覚である。という主張もとても印象的でした。私たちの「時間感覚」は簡単に狂ってしまいます。社会的地位によってもこの「時間感覚」は変動してしまうのです。この部分もカリフォルニア大学のデータをもとに本書で細かく解説されていてとても読み応えがありました。 

 


第2章.   時間感覚を正しく戻す7つのフィックス


 第1章での時間不足は錯覚であるという主張に対しての具体的な解決策方法論がこの章では書かれています。

 我々が無意識に行なってしまっている行為が実は時間感覚を大きく狂わす原因になっていたりします。例えば、マルチタスクマルチタスクとは複数の作業を同時に行うことをいいます。(SNSを見ながら勉強をする、音楽を聴きながら仕事をする、スマホをみながら食事をするなど)

マルチタスクを行うと脳にストレスがかかり、扁桃体が活性化し、その結果、時間に対するプレッシャーが増えてしまうのです。

マルチタスクをしている人は多いと思いますが、注意が必要ですね。

 このような時間不足の錯覚の原因やその解決策まで細かく記されています。解決策では誰でも実践しやすいものがたくさん紹介されているので、効率的に時間感覚を正していけると思います。

 


第3章.    短期的なストレス対策


 第2章の解決策よりも、さらに簡単に毎日の生活に取り入れられそうな方法が、この章で盛りだくさんに紹介されています。かなりたくさんあるので、自分が好きそうで楽しそうなものを実践していけば良いです。短期的な不安やストレスにはとても効果があると思います。

 具体的な方法論の一つとして、例えば「お笑い動画をみる」というものがあげられています。ネットコメディ動画を20分見ただけでもストレスホルモンが激減し、さらに記憶力や学習能力があがるメリットまであるということが、アメリカの実験でわかっているそうです。

20分お笑いの動画をみることにこんなにたくさんメリットがあるなら、やらない手はないですね!私はお笑いが好きなのですぐ実行できそうです!

 もちろんこれ以外にも「え?そんなことするだけで効果があるの?」と思うような、たくさんの方法が紹介されています!

 


第4章.     職場の時間汚染に打ち勝つ働き方 


 この章では、職場での時間汚染にどのような方法で対応していけば良いのかが書かれています。あの大企業「Amazon」でも採用されているような方法ものっています。

 


第5章.     自分の時間を取り戻す8週間プログラム


第4章までに解説された時間汚染に打ち勝つための様々な方法をDaiGoさんが8週間で実践するためにプログラムされたものが書かれています。このプログラムを実践すれば、時間にまつわる心理的なブロックが少しずつ外れていくようにデザインされているそうです。

私も今日から早速実践していこうと思います!

 

<まとめ>

DaiGoさんの本は基本的に科学的根拠をもとにしたことしか記されていないので、他の時間術系のビジネス書とは説得力が違います。

この本は時間に関する間違った考え方を根本から改めてくれるだけでなく、どうすればそれを解決できるかという方法論まで丁寧に書かれていて非常に良い本でした。

時間に関する悩みは多くの人が抱えていると思います。そんな方の悩みを解決できるヒントがたくさん散りばめられているので、気になった方は是非読んでみてください!